ホーム > 医療 > 肌の傷の回復の遅れはターンオーバーの乱れが原因

肌の傷の回復の遅れはターンオーバーの乱れが原因

若い頃は日焼けをしたり、虫に刺されたり、ニキビができたりなどしても、肌がすぐに元の状態に戻って綺麗になりました。

このように肌が傷ついてもしっかりと元に戻るという回復力は、肌細胞が生まれ変わるサイクルのターンオーバーが正常に行われているからです。

ところが、年齢を重ねるとともに加齢の影響でターンオーバーが乱れると、肌細胞が生まれ変わるサイクルが遅くなり、肌の代謝自体が低下して、肌トラブルの回復が遅れ、それに加えて、徐々にシミやくすみとして肌に沈着していってしまいます。

このように、シミやくすみが目立ち始めて老化を加速させてしまう原因の一つに、ターンオーバーの乱れが挙げられます。

ちなみに、個人差はありますが、20歳代、30歳代の若い頃のターンオーバーの日数は、28日くらいですが、年齢とともに次第に遅れるようになり、40歳代に入ると、40~50日、60歳代では、100日近くもかかると言われています。

ターンオーバーは、肌内部の表皮という部分で行われ、この表皮で新しい表皮細胞が生まれて最後は垢となって剥がれ落ちていきますが、ターンオーバーが遅れると、本来、垢となって剥がれ落ちるはずの古い角質が肌表面に厚く積み重なって残り、肌の傷などの回復力が低下し、シミやくすみなどとして現れます。

そこで、ターンオーバーの乱れや遅れを解消すれば、古い角質が取り除かれて新しい肌の再生を促し、シミやくすみも改善できるというわけです。

老化ぎみの肌を甦らせるには、このターンオーバーの復活が大きく関わっています。

そのために、極力避けたい要因が、肌の乾燥、紫外線、ストレス、それに、睡眠不足や栄養が偏った食事などの乱れた生活習慣です。

このようなことから肌にダメージを与えてしまうと、ターンオーバーのサイクルも狂ってきます。

正常なターンオーバーを維持するために大切なスキンケアは、紫外線対策と常に保湿を心がけて乾燥から肌を守ることです。

Must be now ! ダイエット・美容インフォ

肌の傷跡の回復やアンチエイジングの目的においても、保湿はとても重要なスキンケアになります。

また、ターンオーバーは睡眠中に行われますので、毎日、最低でも6時間の睡眠時間を確保して熟睡できるように生活環境を整えること、それに、栄養バランスを意識した食事を規則正しく摂ることも必要です。

 


関連記事

  1. 肌の傷の回復の遅れはターンオーバーの乱れが原因

    若い頃は日焼けをしたり、虫に刺されたり、ニキビができたりなどしても、肌がすぐに元...

  2. 多汗症治療にはプロバンサインがいいかも

    多汗症の治療薬は現在外用薬、内服薬ともに存在しています。それぞれ効果は薬次第でも...

  3. テスト

    テスト記事です。...